気ままな日々綴り

jijimamaa3.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 09日

翳リゆく部屋・・・荒井由美

b0241780_200102.jpg

   こちらは、136年の歴史を持つ、立教女学院の聖マーガレット礼拝堂。
   今年の2月まで、こちらの近くに 子供たちが、住んでいたので、帰り道は、
   学校の横を通りながら” 兄妹たちよー!!しっかり!”と想いながら・・・
   車を走らせて、帰った思い出の場所。(子供たちは、違う学校ですが・・)
   心が、清められような、どことなく イギリスを思わせる学校だった。
b0241780_2018852.jpg

   先日、NHK「SONGS 松任谷由美 2012春スペシャル」 
   松任谷由美が、中高を過ごした母校だそうです。
   こちらの礼拝堂で、パイプオルガンの音色 聴いたときが、荒井由美時代の音楽
   原点。もしかして、ロックと教会音楽の橋渡しが、できるかも・・・高校生の時に
   感じていたようです。素敵です!
 
b0241780_20295095.jpg
  
    イギリスのロックバンド プロコハルムの「青い影」
    私が、中学だったころに この曲に出会いました。皆が、アイドルに騒いで
    いるころ、ひそかに この音楽を聴いていることで、ちょうぴり大人の気分に
    ひたっていたあのころを 想い出す。 
b0241780_20422218.jpg

    兄たちが、聴いていた荒井由美時代の曲が、大好きで その中でも
    「翳りゆく部屋」は、鳥肌が、立って聴きいっていたのをおもいだす。
    こちらの音楽のルーツが、キリストの音楽とプロコハルムの音楽が、
    融合してできた音楽だったこと!まさに・・・言葉が、出ない思いだった。
    
b0241780_205496.jpg

    構内のなかでの、面談室が、少女時代の作曲部屋。
    こちらのお部屋で、荒井由美時代の最初のアルバムの曲が、形になって、
    できたそうです。イギリスの雰囲気のどこかで、グル―ミーで、芒洋していて
    せつない気分になれるこの場所にぴったりな「雨の街」「ベルベットイ―スター」
    が、出来たのが、納得させられる。
    私が、まだ中学だったころに 荒井由美の世界、そしてプロコハルムの音楽に
    魅了してた頃・・・・目に見えない想いと包み込む安堵感の空気、なんだろうと
    想いをはせ、この空気を表現したいと思っていても表現できない頃だった。
    荒井由美時代のルーツを一緒に 過ごしている中、自分の本質に気づく瞬間
    だった。やっぱり あの頃からイギリス、そして聖なる教会が、結びついて
    きた事に 雰囲気のようなものを形に感じた、時間だった。
    
 
  
    
                   
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-04-09 21:50 | 好きなもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://jijimamaa3.exblog.jp/tb/18108663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by la_mia_coccolina at 2012-04-10 17:59
jijimamaa3さん、こんにちは^^
「翳りゆく部屋」も「ベルベットイースター」も大好きでした。
彼女の生み出す音楽の独特な雰囲気が大人びているようであり、また少女のようでもあり、中学生の時にカセットテープが擦り切れるほど聴いていたものです^^
久々に思い出させて頂き、どうもありがとうございますした^^
Commented by masoraly at 2012-04-11 00:15
jijiさ~ん、私も「翳りゆく部屋」聴いた時、壮大で厳かな感じを受けて
これはどんな日本の曲とも似てないなぁと思いました。
荒井由美時代の、あの気だるくてちょっと幻想的な曲調が好きです。
「雨の街を」、よく部屋で歌ってました。「きっと言える」もよく歌った。
「海を見ていた午後」も「ひこうき雲」も、なつかしい~。
ま、姉の影響なんですけどね。
コンサートも行って、ユーミンばかり聴いてたら、ある時、飽きてしまって。
また、そろそろ聴いてみようかな。
この空気を言葉で表現できないって気持ち、わかりますー。
Commented by jijimamaa3 at 2012-04-11 19:57
la_mia_coccolinaさん  こんばんは!
コメントありがとうございます!私も久しぶりに荒井由美時代の曲を聴いて、背中が、ゾクゾクするような電流が、走って”この人大好き”と思った瞬間を想い出しました。同じ思いを共感できて、嬉しいです。
カセットで、聴きましたよね~皮肉にも好きな曲ほど擦り切れたり、伸びたりして、いましたよね!私もいろいろ思い出されました!こちらこそありがとう☆
Commented by jijimamaa3 at 2012-04-11 20:09
masoralyさん こんばんは!
なつかしい~ものを ブログにアップしました。再度、作った人のイメージと聴いている人が、同じイメージを感じさせる 荒井由美のサウンドって、凄い!と思ってしまいました。久しぶりに聴いてみたいと 私も思いました。masoaralyさんが、お部屋で、歌った曲は、あの面談室が、原点のようです。ユーミン、そろそろいいお年だと思うのですが・・・お若い!


<< 四月の桜日和より      時をきざむもの >>