気ままな日々綴り

jijimamaa3.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 30日

フレンチトーストと果物

b0241780_23115122.jpg

  久しぶりの平日の休日。
  一人時間をのんびりと・・・・
  遅い一人の気ままな朝食時間。
  固めのフランスパンをリメーク料理とは、いわないか~フルーツてんこ盛りフレンチト―スト。
  朝食のワンプレートは、定番。
  以前、はなまる(TBS)に かの有名な田中真紀子さんの直伝のフレンチトーストの
  作り方が、お気に入り♪
b0241780_22221550.jpg


   <recipe>
    *ミルクと卵を混ぜた液に パンをまんべんなく浸す。
      フライパンに バターを適量をとかし 浸ったパンを美味しそうな焦げ目が
      出来る程度に焼く。側面も焼こう~
    * お気に入りのプレートに焼いたパンを のせてシナモンシュガーをお好きなだけ。
      (シナモンとグラ二ュ―トを混ぜたものを茶こしでふるってね。)
       メイプルシロップをたらさなくても優しい味で、お気に入りです。 
   今日の私のフレンチトーストは・・・・
      
 
b0241780_2258075.jpg
 

     美味しそうな苺とバナナをプラスして冷凍庫にあったブルーベリーも・・・
     メープルをタラリとたらしてみました。ちょいと豪華に~ひとりなので
      
 
b0241780_2391074.jpg

     なぜか牛乳と頂きたい朝食です。
     PCを覗きながら~TV 録画してあった「檀れいの名匠の里紀行」三谷龍二特集を
     観ながら・・・・ながら族しながら美味しく味わいました。
     気ままな一人の朝食の特権です!
     
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-30 23:51 | 暮らし | Trackback | Comments(20)
2013年 01月 27日

大人の隠れ屋・・・

ある休日に 娘からスノボーを持ってきて~とお気楽な言葉に!いそいそと届けに行く
親バカな夫婦ですが・・・
届けに行った帰りは、帰りながらの愉しみを見つけるのが、我が夫婦の愉しみ方です。
旦那ちゃんが、以前から行きたかった場所に・・・いざ、原宿へ
b0241780_8193845.jpg

若者で、溢れている街の中に いやいやこんな場所にと思う ビルの一角に・・・・「OLD HAT]
アンテーク、ビンテージの英国の生地で、スーツを英国スタイルで、仕立てで、つくってくれる
ようだが・・・アンティークの英国のジェントルマンが、お召しになっていた品々を拝見することが、
目の肥やしになった。簡単に言うとシャ―ロックホームズスタイルやキルトを巻いた民族衣装
歴史を感じられるものが、あります。幼稚な表現ですが・・・
b0241780_1441145.jpg

b0241780_14412568.jpg

                         
b0241780_14463710.jpg
 
                            「英国図鑑」参照お店とは、関係ない画像です。
同じサイズの靴のオーダーの靴を眺めながらお店の方が、この靴を履いていた方は、
絨毯が、ひかれたお城に住まわれた高貴な方でしょうとのこと。
靴の減り方や汚れ具合で、その方の物語があるんですよ。
38との数字は、オ―ダ―された数、でも履いてない靴もあるので・・・
英国の靴の技術者が、廃れないように そして技術の発展を願ったパトロン
だった方ですね。とお話をしてくださり・・・
このような方が、英国の歴史ある品々の 基盤を支えられてきたかたったのでしょう~
古い品々を大切にしたくなる精神も・・・
ふと時計を観ると2時間近くこちらで、過ごしてしまいお店の方々も英国の古い品々に
魅せられている方々で、とても熱く語ってくれました。
お店に訪れる方々も素敵な方で・・・人間ウオッチングも愉しんでしまいました。
大人の隠れ屋のような お店でした。
 
b0241780_20432214.jpg
 
  六本木ヒルズの展望台からの東京の夜景です。
  私たちには、おなじみの東京タワーもなかなか綺麗ですね・・・ 
b0241780_20541476.jpg
 
  お酒を飲みたい気分でしょうが、夜景を観ながらの珈琲もロマンチックですよね^^ 


イイネを押してくださった方々私の手違いで、イイネが、消えてしまいました。
 元に戻すことができず、申し訳ございませんでした。
 いつも読んでくださりありがとうございます。
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-27 22:19 | 好きなもの | Trackback | Comments(10)
2013年 01月 20日

マーマレード&朝食

 
  去年の暮れに ハロッズの紅茶の葉を求めに行った時のこと。
  並びに 目を向けたときに 心をときめいた品。
 
b0241780_14121442.jpg

  フォートナム・アンド・メイソンのマーマレード。
  英国の方は、マーマレードに目がないとか・・・グレーテルのかまどで、言っていた。
  日本人は、マーマレードの苦みを気嫌いするが、英国の方は、苦みを旨味と感じるとか。
  本場の味は、いかにと思っていたところに 心躍るネーミング。
 
b0241780_1433527.jpg

  フォートマス・アンド・メイソン
  「へーゼル・ラシュトン夫人のマーマレード 2012年英国マーマレードコンテスト
                        で、優勝したマーマレード」

b0241780_1432024.jpg

  銅のお鍋で、かき混ぜるおばあちゃまの姿が、浮かび愛情込めてつくられた
  ラッシュトン家の誇る マーマレードを食べたいと思う気持ちで 即買いした。
  グレープフルーツが、入っていたので、私は、新鮮な味。
  苦みもほどよく・・オレンジのピールが、入っていなかったのが、残念・・
  マーマレードの好みの味を探求するのも面白そう~^^
b0241780_1449939.jpg

  出番待ち。
  今年,シャルダンを観に行った時の品。
  英国王室御用達 フランク・クーパーのオリジナルオックスフォードマーマレード。 
  愉しみは、ちょび ちょびと・・・
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-20 15:01 | 暮らし | Trackback | Comments(10)
2013年 01月 13日

ホット…珈琲の香り

  
b0241780_21192110.jpg

                                        
   先週の日曜日に 雪花が、ちらほら散る那須へ・・・寒さが、厳しかったなぁ~
   お茶時間は、いつもお決まりのコースの那須のCAFE SHOZOへと思ったが・・・
   その前に食べた 栗ぜんざいが、以外にもヘビーだったのか 胃がムカムカはぁ~
   帰り道の途中にもある黒磯の1988CAFE SHOZOへ

b0241780_21525952.jpg

b0241780_21533528.jpg

   Caféの近くに来ると 香ばしい豆の匂いが たまらない・・・
   あ~来てよかったと思う瞬間である。
   初めてきたのは、15~16年前になるかもしれない あの頃は、今みたいにCaféが、
   めずらしく まして洗練された異空間を感じさせていた。秘密にしておきたい場所だった。
   今は、カフェの聖地のようになってしまったが、以前と変わらない雰囲気を守りづづけて
   いることに 誇りを感じさせられる。
b0241780_22153520.jpg

   こちらに来ると 必ず珈琲豆とお菓子を御土産に帰るのが、お決まり。
   帰りの車中の中が、珈琲の豆の香りとともに帰れる時間なのだ。
   朝の始まりの珈琲時間の愉しみと思いながら…帰ったのだが。
b0241780_2226948.jpg

   夜になると寒気と胃がムカムカ・・・・参った!食べ過ぎ?胃潰瘍?胃腸炎?
   朝の珈琲時間は、ご勘弁を・・・白湯が、美味しく感じられる日々を今週は、
   過ごしておりました。
   プチ断食でしょうか~お正月で疲れた身体をリセットしておりました。
  
b0241780_22443652.jpg
 
  休日に入りやっと朝の珈琲の香りが、愛おしく感じられる体調に戻って感謝。
  美味しく食べられることは、しあわせだなぁ~ 
  先日、CAFE SHOZOで、購入したネルで、旦那ちゃんが、珈琲を淹れてくれた。
  香ばしい珈琲の香りが、より一層かんじられるなぁ~

b0241780_2321177.jpg
 
  ネルで、淹れた珈琲の味わいは、スッキリした味わいかなぁ~。
  朝、香ばしい珈琲の香りが、ただよっていると・・・・
  やっと 普通の暮らしと体調が、戻ってきました。
  年末年始の疲れが、出る時期ですので、お気をつけてお過ごしくださいませ。
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-13 23:24 | 好きなもの | Trackback | Comments(22)
2013年 01月 04日

東京探訪・・・シャルダン展

b0241780_1528369.jpg

  東京駅に着くとなぜかみんなと同じ行動してカメラを向けてしまう東京駅の天井ドーム。
  一歩置くと笑える光景かもしれないが・・・
  復元工事してくれてありがとう!大正時代の装飾は、素敵です。

b0241780_1541225.jpg

  駆け込みシャルダン展へ
b0241780_1656559.jpg

「 配膳室のテーブル」
b0241780_20591088.jpg

  「木イチゴの籠」
  本物の絵画を是非見てほしい。今そこに人の気配が、感じられて今の時代にも
  通じるような自然な感じなイメージは、私も好きなシチュエーション。
b0241780_2114020.jpg

  「食前の祈り」
b0241780_2134619.jpg

  「思いやりのある看護人」
  18世紀 風俗画。フェルメールを発掘した方が、シャルダンの絵の魅力を世に広められ
  たそうです。物語を感じられる絵画。
ミレ―・マネ・セザンヌの画家たちが、シャルダンの絵画に影響されていることに納得させられてた。
b0241780_21183018.jpg

  三菱一号館美術館に併設しているcafe1894
b0241780_21274985.jpg

b0241780_21282491.jpg

 明治期の銀行の営業室を出来る限り忠実に復元したミュウジアムCafé。
 
b0241780_21335997.jpg

   シャルダン展のタイアップメ二ュ―を用意されていた。
   こちらは、前菜とスープ(かぼちゃのスープ)
b0241780_21364714.jpg

   肉のある料理(若鳥に赤ワイン煮)
b0241780_2137531.jpg

   肉のない料理(真鯛とノルウェーサーモンのパイ包み焼き)
   シャルダンの絵画に「肉のない料理」「肉のある料理」断食の習慣に基ずく厨房の
   モチーフで、つくられているランチメニューでした。
   古い時代の建物の中で、食事できる贅沢さを感じられます。
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-04 18:38 | 私の本棚 | Trackback | Comments(16)
2013年 01月 02日

新たな年へ

  2013年明けましておめでとうございます。
b0241780_652953.jpg

  年が変わるまで、ドタバタした部屋の様子でした。
  娘が帰ってくるなり “部屋かたずけないの?”の言葉・・・
  必死で片づけているじゃないの~
  と言うわけで、去年の埃とともに 今年に・・・まっいいか~という気分で気持ちを整理して。
  新たな気分で、迎えることが できました。
 
b0241780_7255256.jpg

  プチ書斎からの初日の出。
  初日の出は、みな平等に・・・気分を新たにして 前向きに生きるエネルギーを
  頂ける大切な日ですね。
b0241780_7363355.jpg
 
  年老いた両親に新年のあいさつに。
  孫たちとたわむれて話す会話、チグハグナ会話が、笑いのお正月の食卓に
  なり “またね!”という言葉が、貴重な言葉に思えるこのごろです。
  みんな元気にお正月を迎えれれる事が、大切なことだと感じる年です。
  家族よりも今は、友達を優先する子供たちだけれど 家族とともにする気持ちを
  大切に感じていることに喜びを感じながら・・・

         皆さまそれぞれの大切な日を穏やかにお迎えのことだと思います。
          今年も健やかに一年を迎えられますように・・・・
          本年もよろしくお願い申し上げます。

                                        2013年1月

                                           jijimamaより
                                       
[PR]

by jijimamaa3 | 2013-01-02 08:18 | あいさつ | Trackback