<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

感謝の日に。

b0241780_22333030.jpg

 
  今年もあと僅かとなりました。
  一年が、早く感じる毎年の師走の時期です・・・
  でも一年には・・ 楽しくワクワクすること、年を感じてしまったこと、時には、ムカつくことも
  師走の月に 悲しいお別れも。
  まだまだ、魔女修行中です・・・ これが、人生なんでしょうね。
  更新も気ままな気分で、相変わらずのマイペースですが、ブログを通しての出会い
  嬉しいご縁に 支えられた一年に心より感謝します。
  新たな迎える年が、皆様にとって素晴らしい年で、ありますように・・・
                              感謝を込めて
                                        jijimamaより
                                         
                                   2012年12月 

                     
  
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-31 06:06 | あいさつ | Trackback
2012年 12月 25日

Christmasの朝ー2012

Christmasの朝。
  イエス様のお誕生日を喜びとともに 感謝する喜びが、プレゼントとしての喜びも
  感じられる嬉しい時間の始まりです。
  今頃 夢の中にいた子供たちが、目覚めたときの喜びの声が、聴こえてきそうです。
b0241780_2133973.jpg

  どんなプレゼントが、届いたのでしょう~
  感謝の言葉、自分へのご褒美も・・・様々な宗教であろうと生きる喜びを感じられる
  日には、宗教の壁は、ないのでは。
b0241780_21292481.jpg

  イヴの夜のお茶時間。
  フルーツケーキ、ホワイトクリスマスに近づけるように ちょいとおめかし。
  無骨なフルーツケーキが、クリスマスケーキに近づいてきました。
 
b0241780_2137225.jpg
 
  セルフサービス方式のお好きなだけ・・・でしたが、食事で、満足したようで
  後ほどのお言葉にがっかり。
  
b0241780_2141214.jpg

  実は、こちらのフランスのアンティークテーブルクロス 2か月前に出会い ひとめぼれ
  先日まで、お取り置きして頂いたもの。
  こちらのクロスを見たときに クリスマスのお茶時間に・・・と心に決めていたもの。
  自分のご褒美に・・・心のサンタからなのでしょうか~
  私一人で、クリスマスのお茶時間を愉しんでも満足気分なのです。
b0241780_21482916.jpg

  古いものなので、横から見るとお愛嬌の穴が、あるのですが・・・
  リネンのレースをパッチワークでもしてみようかなぁ~と思いを馳せながらの時間も
  いい時間です。この布のたれ具合、最高!と自己満足の時間でした。
  もしかして、いつの時代かフランスのクリスマスの楽しい時間に 使われていたクロスに
  あたたかく感じられる思いに なりました。
  
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-25 05:38 | 暮らし | Trackback | Comments(17)
2012年 12月 23日

クリスマスの前に

 ちょっぴりのおめかしをして、一足早いクリスマスディナーに・・・旦那ちゃんと
b0241780_523424.jpg

  キャンドルのお出迎えは、外が、寒くても心は、温かくします。
 
b0241780_555666.jpg
 
b0241780_555944.jpg

  
b0241780_572529.jpg

  シックなリースたちが、主張せず彩られて 目の保養になります。
b0241780_5143457.jpg

  テーブルにつくと ナフキンに イニシャルの刺繍が・・・・心憎い!
b0241780_5215544.jpg

   お食事の途中には、聖歌隊の方々が、讃美歌とクリスマスソングで・・・
   素敵なアカペラの声が、クリスマス気分を厳かになります。

b0241780_5392293.jpg


 
b0241780_82849.jpg

   フランスの田舎のクリスマスディナーの雰囲気でしょうか~
   ディスプレイも心憎い演出です。
   3時間のクリスマスディナーキャンドルの灯りで、頂く食事は、日本にいることを
   忘れさせてしまうところです。
   残念な所は、私のカメラでは、美味しいお食事が、伝わらなかったところ。
  フラッシュをたくと イメージが、違いすぎて・・・
   ひとつひとつ手の込んだものとこだわりのある食材が、伝わってくるディナー
   です。
                Café la familleにて   
 

b0241780_8589100.jpg
   今朝のおめざ。
   ガレットと珈琲 フランスのプレートで。
   昨夜の余韻が、まだのこっています・・・ずっと続きますように
   あたたかいクリスマス お過ごしください・・・
   
    
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-23 09:33 | 好きなもの | Trackback | Comments(6)
2012年 12月 17日

ほんの癒しの時間。

 
  ふと心を休めたいときそして、寒いときには、キャンドルを灯して・・・
b0241780_9465430.jpg

師走・・・走るや走るいそいでどうするんですか!ひとつひとつ区切りがつくたびに
  ホッとする隙間時間に キャンドルの灯・・・いいんですよ♬
b0241780_10525888.jpg

  平日のある日に・・・好きな場所に向かって歩く道のり。
 
b0241780_10574150.jpg
b0241780_1058487.jpg

  お店のディスプレイの調度品に・・・傍に置くことは、出来なくても 
  雰囲気を味わうひと時。
b0241780_1134628.jpg
 
b0241780_1763773.jpg

  渋谷の繁華街から一歩入ったところの静かな場所・・・レンガ造りの建物が、見えるところに
  行きたいと思うが、いつもたどりつけない。宅配のアルバイトのお兄さんに
  道を聴くとなかなか見つからず、丁寧に調べてもらって、お店の名前を勘違い
  していたことに判明。恥ずかしや~
  オ―タン・ジェ―ムス?誰かの名前でしょう~で、なく“オ―タン・ジャディス”でした。
  ”ぼくも知りたいので”と一緒に 見つけに ホンのご近所でした。
  いい青年に 感謝!仕事中だったのに 時間を割いてくれて ありがとう。
  残念なことに お休みだったのよね。申し訳ない・・・
  仕事中に一生懸命に探してくれる青年の気持ちに 暖かく。
  今の若者も捨てたもんじゃないぞ~と感謝の気持ちと一緒に家路に帰ることが、
  できました。
b0241780_1722377.jpg

    
 
b0241780_11103185.jpg

   結婚のお祝いに・・・
   リースとキャンドルを一緒に 贈ることにしました。
   これから穏やかな時間が、流れて過ごせますように・・・
   忙しい中でもふと心和むひと時を感じられることを忘れないようにしょうっと。 

   穏やかに流れる時間は、なんとも暖かい・・・  
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-17 17:26 | Trackback | Comments(10)
2012年 12月 10日

若草物語より

b0241780_2171351.jpg



 わたしの若草物語 コレクションになるのでしょうか~
 クリスマの足音が、いやいや鈴の音が、聴こえるころは・・・
 クリスマスで、始まる アメリカの名作小説「若草物語(Little Women)」(オルコット著)
 に書かれた自伝的小説を懐かしく思い出されます。
 小学生の頃 熱を出してお休みしていたときにテレビから 名作映画で、流れていたのが
 「若草物語」。貧しいながらのクリスマスでもこんなにあったかいものなんだ!
 本当の意味のクリスマスを感じられていたのか・・・それは、定かでは、ないですが。
 戦時下に行っている父親からの手紙を囲み母と4人姉妹の光景が、目に焼きついた
 覚えが、あります。今も好きなシーンです。なんとも言えず熱を出した日の心地よかった
 こともおもいだされます。そうそう炬燵にもぐりこんで、猫のように見ていたことも・・
 たいした病気で、なかったようですね。
 

b0241780_512788.jpg

 テレビから見てから影響されて本を読みたくなった若草物語の本です。
 あの頃は、本をかりていたと思いますが・・・
 村岡花子の訳によって広く知られましたが、児童文学の本からの矢川澄子さんの訳も
 好きです。表紙を飾っている絵が、ターシャが、描かれていたことは、後から知りました。
 村岡さんの訳の本を読みたいと思うのですが、お目にかかれません。なぜなんでしょうね?
 訳によってい文字から伝わる印象の感じ方の違いや演じ方で、印象の違う演出に
 愉しみを感じられます。
b0241780_17481291.jpg

 四姉妹のお母さんが、娘たちに素敵な言葉を残してくれました。
 「見かけだけで、自分を見失ないで。見かけだけ気にしていたら 中身のない
  人間になってしまう。
  美は、老いに蝕まれるけど 心の美しさは、永遠に輝きを失わない。
  ユーモア、優しさ、そして勇気それが、価値を待つのよ。
  少しでもいい世の中に・・・・」
    
                              若草物語より
  時代を超えた永遠の言葉だと・・・・
  
b0241780_1810164.jpg

  先日、空想書店さんに頼んだ、シュト-レンと珈琲。
  シュト-レンは、クリスマまで、少しずつ心待ちとともに ブラック珈琲と一緒に。
  とても食べやすく 一日一切れの我慢は、出来るかしら・・・
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-10 18:58 | 私の本棚 | Trackback | Comments(20)
2012年 12月 02日

クリスマスを待ちながら。

 
 あっという間に 12月ですね。
 本格的な冬の到来です。朝霜に 朝日があたる幻想的な風景を
 見ることができました。
 冬の空気は、静寂を保っているところが、好きですが・・・寒いですね。
 
b0241780_20312291.jpg

 街は、クリスマス色です。弾む音楽 そわそわする特別な最後の月なのかもしれません。
 昔も今も同じように時間が、流れているはずなのに・・・その早さが、違うように感じられます。
 今は、仕事ややりたい事が、気分と身体が、ついていかない自分に 時間が、過ぎていく・・・
 情けないと思うことが、多々あるけれど。
 でも、何かを待つ時間は、楽しいもの。
 とりわけ一年に一度しか巡ってこないクリスマス。ノエルの足跡が聞こえてくる・・・
 思いっきり待つ楽しみに浸りたい気分は、自由ですものね。
  
b0241780_20524737.jpg
 
b0241780_20543693.jpg

  3年前からノエルの足音が、聴こえるころ・・・フルーツケーキを作りを始めます。
  つぎ足しつぎ足ししたラム酒漬のドライフルーツ漬の出番です。
  オーブンのほんわかな 温かみの近くで、下ごしらえは、これこそわたしのクリスマスを
  待っている気分にひたっています。
b0241780_2155789.jpg

b0241780_218951.jpg

出来上がったのは、やっぱり膨らみの悪いが、愛嬌のあるフルーツケーキになってしまった。
   調子に乗って とかし過ぎたバターが、原因かも…トホホ~
  
b0241780_2126727.jpg

   ラム酒をしみ込ませて・・・クリスマスまで、美味しくな~れ!
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-12-02 21:36 | 暮らし | Trackback | Comments(14)