気ままな日々綴り

jijimamaa3.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 16日

アンティークの手紙より

b0241780_21104920.jpg

  アンティークの手紙を手にするとどんな方が、どんな想いを馳せながら
  書いたんだろう・・・と想像するととても温かい気持ちになる。
  きっとこの時代には、相手のことを思いながらぺんを握り書き、相手に届くまでの
  時間が、とても大切な想いが、重なっていると思う。
  便りを受け取ることの嬉しさは、今よりあったかもしれない。
  過去の手紙をリボンをかけてとってある束をみるととてもロマンを感じられる・・・
   
  アンティ―クの手紙の 想いを感じさせられる大好きな映画が、「チャ―リング街84番地」.
  繰り返し見たい映画である。
b0241780_21361248.jpg

  「チャーリング街84番地」
  アメリカのフリーライター貧欲な読書家、英国文学の古文書好きなヘレ―ン・
  ハンフ(アン・バンクロフト)が、ロンドンのチャーリング・クロス街にある古本屋
  に注文の手紙を出すと古本屋のバイヤー、フランク・ドエル(アンソニー・
  ホプキンソ)からの丁寧な手紙の返信とともに、想いの本が、届く。
  やがて、二人は、20年にわたる交流の始まりが、続く。
 
b0241780_2202496.jpg
 
b0241780_2204310.jpg

  こちらは、作者ヘレーン・ハンフの実話だそうである。
  逢ったことのない二人が、古書を通じて結ぶ友情の暖かい交流は、大切な人と
  しての原点を感じられる。
  心温まる人間関係を描いた おとぎの国の魔法のような、温かい話だから・・・
b0241780_22423461.jpg

b0241780_22154387.jpg

  第二次世界大戦後なので、英国は、食糧不足になっていることをしったヘレ―ンは、
  マーク社に肉や卵、缶詰などを送った。
  いつしか、遠くに住む大事な友達のようにお互いを気を遣い愉快な会話を交わすような
  交流にかわってきた。
  古書店のスタッフたちまでもヘレ―ンに手紙を出すようになり、思いやりとユーモア
  そして本を愛する気持ちが、すべてをつないでいったのですね。
  
b0241780_2242049.jpg

  こちらの場面は、古書店のスタッフたちが、ヘレ―ンにクリスマスプレゼントと
  して選んだ、英国製の刺繍のテーブルクロス。
  
b0241780_22355843.jpg

  手刺繍をされているおばあちゃんからのテーブルクロスを選んだ気持ちが好きです。
b0241780_2244753.jpg

  英国らしい本屋でのティータイムにスタッフが、紅茶を淹れるシーン。
  紳士のスタッフ曰く
  「一杯の紅茶が、なかったら 我々は、どうなる事やら?人生やってられないだろうな」
b0241780_22551486.jpg

  まだ、ブログを初めて日が、浅いのですが、顔を見ぬ方々からブログをとおうして一緒に
  共感したりすることで 生きる喜びとご縁の温かさを感じられています。
  今の時代でも相手を気遣う気持ちを忘れない限り大切な人の出会いが、あるように
  思える気持ちになりました。 
[PR]

by jijimamaa3 | 2012-10-16 23:13 | 私の本棚 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://jijimamaa3.exblog.jp/tb/19248711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PreciousRoses at 2012-10-17 07:00
jijimamaさん、おはようございます。

古い手紙の素敵なのストーリィですね。
私も古い手紙は捨てられず、束ねて箱に入れてとってあります。
出してくださった方の思いが詰まっていて捨てるのは忍びなくて。。。

メールやブログ、フェイスブックなどが普及して手紙を書く機会は
以前より随分減りましたが、私は手書きの手紙とても好きなのです。
相手に思いを馳せながら、ペンをとる。そんな時間も大切に
いたいなぁと気づかせていただきました。

それとはまた別に、ブログを通して出会った方との交流も
とても楽しく、好きなことへの共感や、コメントへ託してくださった
お気持ちも嬉しく、私もブログ始めたばかりですが、始めてよかった
と思っています。

今日も秋晴れの気持ちのよい一日になりそうですね。
素敵な一日になりますように。。。

rose
Commented by yuumama77 at 2012-10-17 09:51
おはよう~
この映画知らなかったわ。名優二人だから、きっと良い作品なのでしょうね。じんわりと来る映画みたいですね。

顔が見えないからその人の文章でしか人となりを捉える事は出来ないけど、こうして貴女とお知り合いになれた事も何かの御縁でしょうから、改めて、お付き合いの程宜しくお願い致します。
でもイイネとかには疲れちゃったわ。ランキングとかも興味無いし。
Commented at 2012-10-18 02:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jijimamaa3 at 2012-10-18 05:20
roseさん

おはようございます!
こちらの映画は、実話だそうです。遠い地から温かい交流が、あったことに人と人のつながりは、国境が、ないなぁ~と思います。
今は、色々な手段で、交流は、もてますが、想いを込めながらの手紙で、書くことも忘れないで、いたいですね。roseさんが、先日私のブログのことを紹介いただいて ご縁を大切にされる優しい気持ちが、ありがたかったです。ありがとう^^ これからも宜しくお願いいたします。
Commented by jijimamaa3 at 2012-10-18 06:18
yuuさん
 
おはようございます!
映画もいいけれど小説だと文章での深まりの過程が、わかり相手を想像しながら読むことが、できました。映像だと手紙と古書が、届くまでの
ワクワク感が、感じられて“わかるよ”と問いかけています(-_-;)
淡々とした映画なのですが、人のつながりの忘れて行けない原点を
感じられていいですよ~映画を見て素直な気持ちにしているのですが・・

ブログを初めてもうすぐで、一年たつのですが、共感して頂ける素直なうれしさの感情を感じられたり 顔見ぬ方だけれど情を感じられたり。
私の大切な人とのご縁を感じられます。
yuuさんとの交流をもてたこと 私の生きるエネルギーになっています。こちらこそ宜しくお願いいたします。
Commented by jijimamaa3 at 2012-10-18 06:23
鍵コメさん

おはようございます!
プロフィールの画像 変わったことを見ていただきありがとう^^
イギリスのプレートなのですが、名もない窯なのか柄と雰囲気で、
ひとめぼれして 連れて帰りました。
わたしが、いいなぁ~と思ったら私の宝物になります。(^_^;)
Commented by akicosmosA at 2012-10-18 20:55
この映画知りませんでした。俳優さんはよく存じていますがなんて素敵な映画でしょう。心が柔らかく揺さぶられそうです。ぜひ見たいのでレンタルショップになければアマゾンで探したいと思います♪
小説も魅力的ですね。いい映画のご紹介ありがとうございます。
いつもプレートも味わいがあり素敵ですね。
私も自分がいいなと思うのが宝もの出す~**
Commented by masoraly at 2012-10-19 01:10
jijiさん、こんばんは~。
この映画、知りませんでした。観るべきですか。
本当にあったお話なのですね。昔は、こういうこともあったのですね。
私は、古い絵本を集める趣味があって、古書を取り寄せたりしますけど、
全然、こんな発展はないです。
昔は、ロマンがありますね~。
今のロマンは、こうやってブログでの出会いでしょうか。
美の壺、見逃していたところも見ることができました。
前半のあの水先案内人のような方が、オーナーさんでしょうか。
絞りたての牛乳を出してくれた。
しかし、カントリーって英国湖水地方やプロヴァンスのイメージであって、
ハイジとか牧場じゃないような気がするんだけど。
デポー39は、一度行ったことがありました。ご本も1冊もってます。
私の中では、アメリカンなイメージです。
美の壺のこの回、貴重な映像になりました。
jijiさん、これからもよろしくね。黒猫jijiは、お変わりないですか。
Commented by jijimamaa3 at 2012-10-19 06:27
こすもすさん

おはようございます!
フランスの旅 娘さんと過ごされて充実していた旅行でしたね。
ブログを拝見していたら行ってみたくなりました。

小説から映画化されて舞台化もされていたようです。小説のほうが、
文章から想像が、膨らむかもしれません。
dvdも再販になったので、お安く手にはいりました。お時間があるときに
ゆっくりご覧になってみてくださいね^^
プレートに気に止めていただいてありがとうございます。
以前は、ブルー&ホワイトが、目に止まっていたのですが、レットの色合いが、目に止まってしまいます。日常的に使われていたもののようですが、柄に味わいを感じられました。
Commented by jijimamaa3 at 2012-10-19 07:02
masoralyさん

おはようございます!
この映画は、アンティークのネットをやられていた方の本から知った映画でした。古いものを扱う中で、同じにおいを感じる映画と紹介されていました。物の売買のみの間だけでないことをいいたいのかなぁ~とおもいます。秋の夜長 お薦めしたいです~☆

美の壺の女の方は、どなたかわからないのですが、煉瓦の前のシーンとか窓際のシーンの映像に使われているのが、マナーハウスで 取材をされているようです。デポ―39は、いい意味でのアメリカンカントリーですね。水先案内人の様な彼女のカントリーアンティークが、ハイジだったのでしょうね。天沼さんは、美の壺のカントリーアンティークの監修をされて 集大成のように旅立たれてしまいましたね。本当に残念です。
masoralyさんが、はじめてコメント頂いた時 とってもうれしかったなぁ~一方通行でなく 見ぬ方と共感して頂けるなんて!感激していました。こちらこそ宜しくね^^ 黒猫のjijiご無沙汰ですね。覚えていただいてありがとう~


<< 秋の休日。      英国気分! >>